セフレの作り方

セフレが欲しいと思った時にいったいどのようにして作れば良いのか分からないという人もいるでしょう。セフレを作ろうと思っても相手がいないと始まりません。ということは、セフレを考えた時に一番最初に相手の女性とどこで出会うかがポイントになってきます。

セフレとの出会いのきっかけは大きく分けて、3つになると思います。まずは、すでに友達や知り合いなどの関係にある女性に対して、セフレの関係になっていくことです。また、合コンやナンパなどで初めて会う人間とセフレの関係になっていくということ、最後に出会い系や掲示板などネットを使って、セフレとなるような女性と知り合うということです。細かく言えば、もっと他にも女性と知り合うきっかけはあるでしょうが、この3つが代表的な例になるのではないでしょうか。

すでに知り合い関係にある女性とのセフレ関係を築こうとするのは難しいことです。すでにセックスなしでも関係がなりたっているだけに、そこからセフレとして関係を結ぼうとするのは大変でしょう。強引にセフレとしての関係を結ぼうとすると、それまでの関係性を壊してしまう恐れもあります。そう考えると積極的にセフレになろうとは思わないでしょう。

ただ、その環境の中でセフレとなったときには、他の手段よりも嬉しさや興奮は格別のものになるでしょう。実際に友達からセフレになったという人もたくさんいますので、諦めないで試みてください。きちんと手順を踏めば、きっと良いセフレができるでしょう。

合コンやナンパで知り合ってから、セフレという関係になるというのが一番あるパターンではないでしょうか。このような場合、最初から知り合いだった女性とは違い、初対面同士になりますのでリスクは最小で済みます。たとえ、断られてもその後の関係に影響があるわけではありません。そのように考えると、男性は何度でも試みても良いですし、セフレという関係にならなくてもその場限りの関係は結べるかもしれません。

また、合コンとなれば複数の人がいますが、それらの人も異性との出会いを期待していますので、多少の無礼も許してくれるような雰囲気になるでしょう。男性の友達もそれを分かっていますので、すべて許してくれると思います。女性も合コンにくるくらいですから、多少のことは覚悟しているでしょう。

もちろん、大胆なことはできないでしょうが、男女の関係の行く末はみんな分かっているでしょうし、合コンという場所には下心がつきものだということも理解しているはずです。それを理解している中で、合コンに来ているのですから落としやすいのではないでしょうか。

最近ではセフレを作るのにネットを使うことが多いようです。今やパソコンや携帯電話は欠かせない生活必需品です。なかなか、上記の2つの出会い方はできないという人もいるでしょう。そうなった時にネットが一番良いのです。

また、ネットの利点として対面ではないということです。面と向かって言うと恥ずかしい事でも、ネットなら大胆なことが言えたりもします。女性も開放的になって本音で話してくれるかもしれません。ネットだと匿名性もありますので、安心して接触することができます。この安心感がセフレを作りやすいのかもしれませんよ。

PR
レズとビアンの愛の物語がいま始まる…
女同士の恋も結構悪くないかも…
レズビアン&百合専用サイト「ビアン白書」 ~レズと呼ばないで